びっしりと濃いお尻の毛をカミソリを使って処理してみました

2b37ce778152ebdb1ed55e92690f8fd2_s

僕は30代の男性で現在無職です。僕は尻毛が濃いのが悩みです。

お尻の割れ目の奥の方から性器から股間までの間の蟻の門渡りと呼ばれる部分までびっしりと毛が生えています。

こういう風な毛の生え方は男性ならそんなに珍しくもなく、たまにチラホラいるかな?という程度だとは思うのですが、自分としてはそこに毛が生えているのがとても気になります。

お尻の毛が濃いのでカミソリで剃って処理してみました

そこで僕は尻毛を自分で処理してみようと思いました。毛の処理に使用した道具はヒゲ剃り用の普通の剃刀です。

それ使って風呂場で、すべりを良くするためにシャンプーを使って剃ります。もう何度かやって経験でわかっているのですが、尻毛を剃る時は石鹸よりもシャンプーが良いです。

なぜかはよく分かりせんが滑りが持続して毛が良く剃れるのです。しかし良く剃れるとはいえ尻毛を剃るのは大変です。

尻の割れ目の奥深くにT字剃刀を押し込み、奥から外側の毛のない所まで剃るというのを何度も何度もくり返すのです。

毛が長く伸びている最初は一番、何度も剃らなければならない時です。大体一回反復する範囲を10往復ぐらいでツルツルになります。

スポンサードリンク

しかし一箇所ずつツルツルにしていくというのは難しいので全体的に剃りながら毛を薄くしていくという感じです。

性器から肛門にかけての蟻の門渡りも丁寧に剃って生きます。難しいのは角度のキツイ部分です。文章で書き表すのは難しいのですが、尾てい骨の下の割れ目のところと、肛門の少し下の角度のきついところが剃り残すことが多いです。そういう部分は念入りに何度も剃ります。

尻の割れ目の一番奥の角度のキツイ部分も剃り残しが多いので、そこをお尻の形にそって剃刀を動かすようにして入念に剃ります。一度で剃るのは疲れますし、難しいので気にならないようでしたら何度かに分けて剃るのがいいかもしれません。

お尻の毛の処理は完全自己満足

この脱毛方法はとても疲れるし皮膚もヒリヒリしたりとあまり満足してるとは言えませんね。しかし他に方法がないので毛を処理するにはこの方法をやるしかないという感じです。妥協点という感じですね。

尻毛を剃っても剃らなくてもあまり何も変わることはありませんでした。誰かに見せる部分でもないので完全に自分の気持ちの問題です。

ただトイレットペーパーでお尻を拭く時に毛がある時は滑りが良く、なんだかちゃんと拭けてないような気がしていたのですが、

毛がなくなるとしっかりとティッシュが尻を掴んでいる感じがあって、滑りは悪いですが「ちゃんと拭けている」と言う感覚がすごくあります。

【関連記事】フラッシュ脱毛なら生え初めのチクチクが気にならない!4ヶ月でボーボーの毛がツルツルに

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする